buriki-ya’s blog

貧しくても賑やかなちゃぶ台で夕食をとっていた昭和30年代...今も健在なブリキ玩具・政治・経済に関するブログです

反日という不思議な言葉

f:id:buriki-ya:20190819150423j:plain

反日とは日本(日本国政府天皇・企業・日本人・社会・文化・制度・歴史など)の一部または総体に対して反対・反発感情・価値観を持って行われている教育・デモ・活動・外交、それを行っている人物・組織・国家に対して使われる言葉です。

以上のようにWikipediaで規定されていました。 そうすると反発感情を持って行われている活動の野党は全て反日となります。 ただし過去の民主党政権下では自由民主党反日だったという事になります。

そして反日の先鋒のようにネトウヨから言われる朝〇新聞ですが、新聞は読者に選択の余地があり、教育とは違い反日の範疇には入らないのではないかと思われます。 むしろ最近の朝〇新聞はスポンサーへの気配りか読売御用新聞か3K新聞かと思われるくらい非常に慎重です。 東京新聞の方がよい事悪い事もはっきり記載しているように感じます。

そして一番肝心な事が抜けています。 安倍政権により改正されない限り日本国憲法で主権は在民にありと規定されています。 ここで言う日本とは日本国政府でも天皇でもありません。 そして日本人という言葉は日本国民であり、これが最初に来るべきものと考えられます。

実際に反日という言葉を使用するのはネットで偏った情報ばかりの中で生きている自国偏重主義者ネトウヨ)達ですが彼らも減少傾向で絶滅危惧種となりつつあります。 毎回選挙をするたびに自民党への投票率が落ちて来ている事から明らかでしょう。 いくらデータを手直ししても事実はいつか明らかになります。

森友問題の捜査終結の見出しが見えました。 たしかに国民に丁寧な説明も行わず重要な証人の国会への参考人招致も多数決で自民党が拒否。 安倍首相の説明は回答になっておらず自分の自慢話と質問と関係ない話でまるでアルツハイマー患者もびっくりです。 もし米国なら報道が黙っていないでしょうが日本ではまともな質問は東京新聞だけにしか許されていないらしい。

昨今教職員に配布される資料から日本国憲法の”平和主義””国民主権”が削除されていたことが問題となりました。 2016年07月09日に自民党HPで「教職員の方へ (子供たちを戦場に送るな)等の中立性を逸脱した教育があったらこのフォームで報告してください」 というページが作成されましたがどうやら本気だったらしい。
 
自民党に安倍軍国政権と日本会議に逆らえる人材がいない現在日本の軍国化は着々と進んで行きます。