buriki-ya’s blog

貧しくても賑やかなちゃぶ台で夕食をとっていた昭和30年代...今も健在なブリキ玩具・政治・経済に関するブログです

岸信介がなぜA級戦犯として投獄されていながら不起訴となったのか

日本人も人体実験の対象
731部隊は人体実験を主な研究内容としており、対象者は捕虜として捕まえたロシア人、アメリカ人、朝鮮人、中国人、モンゴル人など、複数の国籍の人々。日本人も抗日組織の人々が人体実験の対象として残酷に殺されており、敵も味方も関係なく住民や赤ん坊などマルタ(丸太)と呼ばれる延べ3,000人の人体実験を行っていたとされる。

f:id:buriki-ya:20190805110755j:plain

・特に極悪な人体実験
今回は、そんな731部隊が実行した鬼畜すぎる人体実験をお伝えしたいと思う。ここで紹介する実験のほかにも複数の人体実験が行われていたといわれているが、特に極悪な人体実験をお伝えしたい。

f:id:buriki-ya:20190805110846j:plain

細菌兵器の研究
細菌を使った生物兵器は資源の乏しい日本にとってコストパフォーマンスに優れた兵器であり、また世界各国も生物兵器の研究にすでに着手しているというものであった。1932年の陸軍軍医学校への防疫研究室の設置も、石井の働きかけによるとされる。

実際に石井は、戦後のノーバート・フェル博士による尋問で、炭疽菌の効果について次のように語っている。「炭疽菌についていえば、もっとも有効な菌であると確信しました。量産できるし、抵抗力があって猛毒を保持し、致死率は80%~90%にのぼる。最も有効な伝染病はペスト、媒介節足動物による最も有効な病気は流行性脳炎であると考えました

後述のように、731部隊生物兵器開発に関与したことを示す証拠は多く、ペストやチフスなどの各種の病原体の研究・培養、ノミなど攻撃目標を感染させるための媒介手段の研究が行われていた。ただし、終戦直後にアメリカ軍が元部隊員に行った尋問の記録とされる「田中淳雄少佐尋問録」によると、1943年に防疫研究の余暇を使ってノミ増殖の研究を命ぜられたものの、大量増殖は不可能であるとの結論になっている。

731部隊における人体実験の主目的は伝染病の研究であると同時に対人用生物兵器の開発であった。マルタにはペスト、コレラチフス赤痢、梅毒スピロヘータなどの生菌を注射する細菌学的な人体実験が頻繁に行われた。通常、人体実験とは生体解剖を意味し、マルタは生きたまま解剖された。これは、被験者が死亡してしまうと人体に雑菌が入るため、マルタが瀕死の重症で、人体に雑菌が入らないうちに解剖して臓器などを取り出す必要があったからである

松本博さん(元1644部隊員)
1644部隊では、感染実験をした”マルタ”から全採血(身体中の血をぬきとる)した。
 “ロツ“ほまるで鳥かごのようで、高さ1m、縦約1m、幅約1m20cmくらい、大人が座っているのがやっとの広さしかありません。
 鉄棒で囲われ、床板だけが5寸角の角材をボルトで締めて敷かれていました。
 彼らは全裸でその中に入れられていました。
 一瓶ほど採血した頃、“マルタ“はものすごい痙攣を起こしました。
 もちろん“マルタ“は眠ったままです。その痙攣がおそらく死の瞬間だったのではないでしようか。採血も終わりの頃になるとガクッ、ガクッといって気泡が出てくるんですね。
 そうすると軍医といっしょに来た兵隊が靴のまま“マルタ”の心臓の上に乗り、踏みつけるんです。血をしぼり採るために

体の凍り具合
●凍傷は日本軍が極寒の地を征服するためには、どうしても克服しなければならない課題だった。以前は、凍傷に対する最も有効な治療法は、患部をわらでこすることだった。凍傷実験を担当した吉村寿人(ひさと)班では、以下の手順で実験を行った。
1、零下20度以下の屋外に被験者をしばりつけ、腕などに塩水をかけて人工的に凍傷を作る
2、棒でたたいて、凍り具合を確認する

低温実験
日本人は中国の被害者の手を超低温の冷凍庫(おそらく零下数十度から百度ほど)に入れ、急速冷凍した。
完成後、中国の被害者が両手を取り出すと灰白色になっていた。
表面には霜の層ができており、完全に人間の体ではないようだった。
ある日本人が棍棒で打つと、つららのように砕けてしまった。
中国の被害者の指を一本ずつ打ち落とし、音を鳴らしていた。
中国の被害者は絶望と恐怖の叫び声をあげ、傍観していた日本の実習生は目を閉じたりしていた。
だが目を閉じることは許されない命令が下された。

生体解剖 (生きたまま解剖する)
"中国の乞食と日本の子供を皮のボールで遊ばせて友達にし、日本人が日本の子供を使って中国の乞食を731大院に入らせ、食べ物を使っておびき寄せて「身体検査」を受けさせた。
中国の乞食は服を脱ぐときに子供のように恥ずかしがって笑顔になった。
手術台に上がり、麻酔をかけて、日本人は慣れた手つきで中国の乞食の腹を開き、心臓、肝臓などの器官を取り出し、準備しておいた生理食塩水に浸けた。
身体を離れた心臓は日本人の血まみれの手の上でもまだ鼓動していた。
「手術」が終わると日本の子供は中国の乞食の残骸を焼いた。"

低圧実験(被験者を低圧室に入れ観察)
この実験は高高度を飛行する飛行機のための実験。上空は気圧が低いためそれがどのような影響を及ぼすか確認していた。 被害者は減圧室に入れられ、減圧されながら極度の苦痛の表情になり、叫びたくても声が出ず、最後には眼球が飛び出し、腸などの内臓が腹から飛び出し、地面に流れてしまった。
※この実験に関しては真空状態に人間がさらされてもこのような事にはならないことが証明されている。

海水実験(血管に海水を注入し血液の代わりになるか調べる)
当時、医学部に入学したばかりの東野利夫
薄めた海水を代用血液とする実験だった。
Q、実際には海水が血の代わりになる?
A.実際には余り役に立たないと思うけど、何にもないですし、戦争中は代用血液になるものがない。血液がない。血液に代わるものとして手に入りやすい海水を生理的食塩水にどうかと。

・まさに黒歴史
ここで開設した人体実験はほんの一部であり、ほかにも複数の人体実験が行われていたとされている。
これら731部隊で実行された残虐行為は日本人の黒歴史であり、二度と同じことにならないよう、映像化や書籍化、そしてドキュメンタリー取材が繰り返されていたが最近なぜか抹消されつつある。

 

youtu.be

戦時中に非人道的な犯罪を犯した者には厳しい罰則が下るのが国際世論では当たり前なことです。 ところが、この731部隊で罪を問われた人間は誰一人として存在しません
戦後、日本の医学界の重要なポストに就いたり、何処にも隠れることもなく、平和に今でも暮らしています。

f:id:buriki-ya:20190805111156j:plain

岸信介満州国国務院実業部総務司長に就任した1936年(昭和11年)に軍馬や家畜に対する細菌兵器の開発を担当しており、人体実験も行っていた「軍獣防疫廠」が満州に設立されたのであった。1941年には、「満州第100部隊」と改称されたそうだ。

つまり、満州での人体実験や細菌兵器の開発は当時の総務司長であった岸信介の許可なしには行われなかったのであり、七三一部隊を率いていた石井四郎の背後で岸信介が実権を握っていた感がある。

実は、岸信介がなぜA級戦犯として投獄されていながら、不起訴となったのか理由を書いたものは一つも見当たらなかった。岸信介こそがアメリカに日本軍の人体実験および生体解剖によるデータを売り渡した張本人だったということだ。

やがてそれは実際にベトナム戦争で現実化した。 ただ日本と米国両政府がこの事実に関しては触れられたくないと言うのが本音だろう。 南京大虐殺は言われる程大規模ではなかったかもしれない。 だが731部隊は事実であり、当然被害者遺族に礼を尽くすべきと思いますが...

特に3607人の実名が記載された名簿が国立公文書館から開示されたと、西山勝夫滋賀医科大名誉教授が2018年に明らかにした後、関連のデータが次々と消滅している。カミの逆鱗にでも触れたのだろうか?

昭和天皇が嫌っていた松岡洋右と安倍晋三は親戚

f:id:buriki-ya:20190801122813j:plain

岸信介A級戦犯不起訴になった本当の理由_カナダでde日本語  2006.07.29 】
ある方からの情報でゲンダイネットで安部氏と、富田メモで書かれ松岡外相が、縁戚関係にあると聞き、さっそく調べてみた。

系図でみる近現代 第七回」にある系図を見ると、確かに松岡洋右安倍晋三が縁戚関係にあることが一目でわかる。

松岡洋右の妹、藤枝の夫が佐藤松介(岸信介佐藤栄作兄弟の叔父)で、その娘が佐藤栄作夫人・寛子だそうだ。

富田メモによると、昭和天皇が「松岡までもが」と忌み嫌っていた人物の親戚である安倍が総理になることは、お亡くなりになった昭和天皇の本望ではないだろう。

そんなことを調べていると、安倍晋三の祖父である岸信介七三一部隊と親密な関係にあることがわかった。

ナナナナナント!ちょうど岸信介満州国国務院実業部総務司長に就任した1936年(昭和11年)に軍馬や家畜に対する細菌兵器の開発を担当しており、人体実験も行っていた「軍獣防疫廠」が満州に設立されたのであった。1941年には、「満州第100部隊」と改称されたそうだ。

おとといの記事でも触れた「日本軍による人体実験」より

七三一部隊は4つの支部以外に、大連にあった南満州鉄道の研究所も傘下に収めて支部とし、さらに平房の約260km北の安達には細菌兵器の実験場を持っていました。

また関東軍は防疫給水部とは別に、新京(現在の長春)に「軍獣防疫廠」(1936年設立。1941年に「満州第一〇〇部隊」と改称)を持っていました。ここは軍馬や家畜に対する細菌兵器の開発を担当しており、人体実験も行っていました。

つまり、満州での人体実験や細菌兵器の開発は当時の総務司長であった岸信介の許可なしには行われなかったのであり、七三一部隊を率いていた石井四郎の背後で岸信介が実権を握っていた感がある。

実は、岸信介がなぜA級戦犯として投獄されていながら、不起訴となったのか理由を書いたものは一つも見当たらなかった。

ウィキペディアの「岸信介」でも「戦後の日本を「共産主義に対する防波堤」と位置づけ、旧体制側の人物を復権させたため岸は戦犯不起訴となり、東条ら7名の処刑の翌日に釈放された。」と書かれているが、処刑された東条英機は旧体制側の人物ではなかったのか?

 

f:id:buriki-ya:20190802140259j:plain

TBSが、21日の「イブニングニュース」で放送した旧日本軍731部隊の特集の冒頭部分に安倍晋三の写真が映って激怒した理由はここにあるのではないか?つまり、岸信介こそがアメリカに日本軍の人体実験および生体解剖によるデータを売り渡した張本人だったということだ。

だから、売国奴岸信介は不起訴となったのでは?この件に関するウェブサイトなどは一切削除されていて、情報は全くといっていいほどないので、これはあくまでも私の推測であることを前もって言っておく。

これらのことから、富田メモもTBSの「イブニングニュース」も本人が言っているように、安倍にとっては政治生命を脅かされかねない報道だったということがわかる。だから、突然靖国参拝しない発言をしたり、ほんの数秒間旧日本軍731部隊の特集に安倍の写真が映っただけで異常反応したのだ。

これまで、これらのニュースは小泉・安倍政権に同情を買い、有利になるものとされていたが、そうではない。

反安倍体制がついに動き出したのだ。そして、これに無駄な抵抗をする無教養まるだしのネットウヨたち。彼らのあまりにも根拠のない、美化された歴史しか知らない無知からくる反論には思わず笑ってしまうのは、私だけだろうか?

1975年を最後に昭和天皇が靖国神社を参拝しなくなった理由

昭和天皇は、ナチス・ドイツと軍事同盟を結んだ<松岡祐介>を拝むことを拒否した。国際連盟を脱退したのも松岡!<白鳥>へも拝むことを拒否した!

当時の宮内庁長官富田朝彦の<昭和天皇のご発言>のメモ

f:id:buriki-ya:20190731173228j:plain

『私は<或る時に>、A級が合祀され その上<松岡> <白取><までも>が、

 筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが
 松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々と
 松平は平和に強い考えがあったと思うのに
 親の心 子知らずと思っている

 だから私は<あれ以来>参拝していない
 それが私の心だ』

注:富田氏の誤記 白取 → 白鳥

昭和天皇は、英国や米国と戦争することに、<立憲君主制>の範囲で、最後まで反対しいた。

<松岡>祐介は、<ナチス・ドイツ>と<軍事同盟>を結んだ。
つまり、英国と米国とを敵として戦うことにした。
しかも、国際連盟を脱退した張本人である。

<白鳥>は、<イタリア>のムッソリーニと<軍事同盟>を進めた犯人である。

<日独伊三国同盟を結んだ>、国家の道を誤らせた、国家に対する大いなる犯罪者である。

このために、日本の国は亡びる直前まで、引きづり込まれた。
天皇家天皇制も、滅びる直前にまで、陥った。

●更に、靖国神社は、<天皇のために><戦って死んだ>英霊を祭る神社である。

この掟・基準は、明治天皇がお決めになった。つまり、<軍人と兵士を>祭る神社である。
松岡も白鳥も、軍人でなく、兵士でもない。そして、<病気で亡くなった>のである。

昭和天皇は、<明治天皇の定めた掟・基準を、勝手に変えて合祀した>ことにも怒った。
だから、昭和天皇の発言である「富田メモ」で、直接に、松岡と白鳥の名前が出て、批判されていた。

昭和天皇は、神道を信じていた。
だからこそ、<松岡>と<白鳥>の靖国神社に、頭を下げるのを拒否した。
死ぬまで拒否した。
昭和天皇の怒りは強い。

それは<松岡>と<白鳥>とに、大きな戦争責任があると、昭和天皇が考えていたからである。

-----------------------------------------------------------------------

自民党に繋がる日本政府 厚生省は、<A級戦犯の遺族にも><年金を支払う>ことを企てる。
厚生省の中に旧軍人が隠れており、戦前に、靖国神社に祭る英霊の基準審査していた人々である。

そして、この厚生省が靖国神社に対して、圧力をかけて、合祀を強要した。
靖国神社宮司は、昭和天皇のお考えを慮り、検討中として、10年以上延期していた。
この宮司の後、ウヨク思想の宮司が就き、東京裁判を否定するという政治的目的のために、
宮内庁の反対を無視して、合祀した。

そして、昭和天皇への、その報告も、わざと遅らせた。
これで、靖国神社が、政治問題となった。

中国も、自国の中国国民に対して、次の論理で、和解を強要していた。(毛沢東周恩来
日本国民(日本人民)も犠牲者である。
戦争を起こし、強制したのは、A級戦犯である。

だから、<一般兵士が祭られている>靖国神社ならば、参拝を容認する。
しかし、<A級戦犯>が含まれる靖国神社ならば、参拝に抗議する。
【2019年7月31日(水)日本経済新聞より】



国家を分断させた英雄

f:id:buriki-ya:20190728152759j:plain

近所のスーパーに買い物に行こうとしたら家内に止められた。 違う日に行くと冷凍食品が安くなるからという事だ。 今国民が必死に生活防衛をしようとしている。
そんな中で消費税増税、しかもお題目の社会保障費には16%しか回されない。
一般庶民の台所は火の車だ。

新聞には政府の出した100億円のマイナポータルサーバー、いわゆるマイナンバーで国民の税と社会保障を一体化させる目的のサーバー。 その使用率が0.02%だという。
しっかりと国の無駄遣いを利用して利益を得ている人々がいる。

北朝鮮のミサイルに備えてという触れ込みのイージス・アショアも50%はグアムの米軍基地を守るためと言われている。 挙げ句にポンコツのF35を爆買し、米国のポチの面目躍如と言ったところか。 相変わらず国民は常に蚊帳の外で税金のみ上がってゆく。

時々思うのはひょとして我が総理は精神的に何かお持ちなのではないかという勘ぐりだ。 野党の質問に対しても自分の自慢話が殆どで最後に無関係な話と自分を信じられないのか?などの言いがかりだ。 ここまで来ると酔っ払いの喧嘩と変わらない。 ちゃんとした議論をしないのではなく出来ない方なのではないか?と思わず勘ぐってしまう。

今回の参議院選では10議席も失い、自公維新で改憲に必要な2/3どころか自民の単独過半数も維持できなかった。 改憲論議のための国民の声を確かに受け取ったという言葉。
ひょっとしてこの人は耳も具合が良くないのでは? と思ってしまった程だ。

年金以外に2000万円で国民も目が覚め、”新聞記者”の勇気に若者は心打たれ、れいわの山本さんの声は確実に響いた。 著名人のtwitter始め、数々の発言も無関心と思われた国民へ響いた。 吉本新喜劇に出演した安倍さんを大阪人はクールな目で吉本興業と共に注視し、決断した。

もういやになった、疲れたなどとの声を聞いたとの話もある。 だが今まで棚上げにしてきた問題を処理していただきたい。 それが出来なければ初めて真実となる”全て私の責任です。”の言葉と共にご退場願いたい。 そしてそれらを見逃してきた自民党にもそれなりの国民の審判が待っている。